カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Snufkin21

Author:Snufkin21
北海道 東川町に棲息

北海道の空気感が伝わるでしょうか…

ブログ内の写真の無断使用・転載はご遠慮願います.

たまにはクリックしてね~↓↓↓



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

2012.11.06    カテゴリ:  北海道の風景 

   哲学の木

今、切るだの切らないだので揉めているらしい哲学の木.
よく見かける写真とは別の場所から.
哲学の木

多くの人が訪れる場所なので、できればこのまま残してもらいたいところですが、
農家さんの気持ちを考えると、致し方ないのかもしれません.
一人一人がよく考えなければならない問題ですね…

スポンサーサイト
手前の大地と白い山がまるで異次元ですね!
哲学の木とは誰が名付けたんでしょう?
ただ景色を見に来るだけの人にはそこで生活する
人々の苦しみや希望は理解できないでしょうね。
難しい問題です。
うわ~!
綺麗な空に 真っ白な山と手前は黄色い花(?)
写真を見てるだけで 清々しい空気を感じられそう!
大きい木になればなるほど 切る時の決断も大きくなりますよね。

今更ですが リンクさせていただいてもいいでしょうか?
この素敵な写真の数々を 色んな人に見てもらいたい♪
こんばんは♪

人によってマナーの考え方・基準も違うでしょうから、
ここまで許せる、これはやっちゃいけない…と安易に判断するのは難しいですね…
せっかくの木を切らないで、とも簡単に言えません.
持ち主の判断にゆだねる、これが一番確かなことです.
こんばんは♪

春と秋と冬が一緒になってるみたいでしょ (^。^)
せっかくの青空でしたので撮ってみました.

リンクの件、了解です♪
よろしくお願いします m(__)m
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2012.11.06 17:47  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2012.11.06 22:16  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この木がある畑の側の道に、壊れそうなバス停がありました。
今でもバスが走っているのかと思うほどに寂れたバス停。
夕暮れにこの哲学の木を撮りましたが、バス停近くの土手を上がって、
ここからは先は入っては行けないと、土手のギリギリで写真を撮った覚えがあります。
観光客が多くて、畑の持ち主はいろいろ思うでしょうね。
それにしても美しいです。
こんばんは♪

バス停、今もありますよ♪
町営バスでも走ってるんでしょうか…

観光客・カメラマンが増えてくればマナーの問題が出てくるのは当然で、
海外から来る人達もいるので、日本人だけが悪いのか、という問題も出てくるでしょう.
お国違えば文化も違い、考え方も全く違うのですから…
残してと言うのは簡単ですが、持ち主さんの思うままにするのが賢明かな、と思います.






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スナフキンのように All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog