カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Snufkin21

Author:Snufkin21
北海道 東川町に棲息

北海道の空気感が伝わるでしょうか…

ブログ内の写真の無断使用・転載はご遠慮願います.

たまにはクリックしてね~↓↓↓



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

2012.03.19    カテゴリ:  北海道の鳥たち 

   森での出来事

森での出来事

行き倒れたエゾシカの亡骸をむさぼり食うクマタカ(絶滅危惧種).

写真的には少しキツイかもしれないが、これもありのままの自然の姿.

森で一つの命が終われば、一つの命が生きながらえることになるんだね…



このクマタカ、やはり夫婦で行動してるようで、互いに鳴き合いながら場所を確認し合ってた.

生息場所は、先日も書いたミネラル水工場建設予定地近く.

森で一つの歯車が欠けたら、きっとすべての歯車が狂っていくことになると思うんだけど、それでもやはり建てるのかなぁ…

取水地の近くにはシマフクロウが戻ってくる(すでにいるかも?)可能性のある環境があるというのに…

役場の人間も、自然ガイドも、自然保護官も、そのことはみな知ってることなのに、誰も何も言わないなんて…

町有地を売ったんだから役場の人間は何も言えないだろうけど (ーー;)



法的には問題無いから誰も何も言えないのなら、クマタカ、フクロウ、頑張って真横で営巣してやれ~ (^O^)/

スポンサーサイト
  • クマタカで思ったこと!
  •  duck4 
  • 2012.03.19 07:03  
  •  [ 編集 ]
Snufkin21さん

おはようございます!

クマタカが、エゾシカの死骸を食べているのですね。
春先は、一番、食べ物が少ない時期なので、
動物たちも生きていくのが大変なことと思います。

確かに、日本人は物を言わな過ぎだと思います。
デンマーク人も自分の意見を持って、人前で主張します。
その意見が、良かれ悪かれ、聴く耳を持って、まわりの人々は
一応、聴いています。

日本人は、物事を穏便に済ませるために、何も言わないのか!?
それとも、意見の対立!
のどちらかになってしまいます。

まだまだ、成熟社会にはほど遠いですよね!!!

おそらく、意見を言わない。
言えない立場の町役場の人!
自然ガイド!
自然保護官!
穏便に済ませようとしているのでしょうか?

その結果、多くの悲劇もおきてきました。

日本人ってうーん!
と思ってしまいます。

世界の中で生きていくためには、もっと自己主張が必要なのでしょうね!v-519v-521
クマタカは ふわぁ~と毛を膨らましてるのかな?
フクロウみたいに丸っこくなってますね。
残酷に見えるかもしれないけど 動物は無駄な殺生はしない。
私は人間が一番残酷な動物だと思っています。

それぞれが目の前の 小さい自然を大切にする心をもっていれば。
色んな意味で私達は楽な生活になれてしまって 自分達のことしか考えられなくなってしまったんですね。
少しくらい不自由な暮らしでも 私達は生きていける。
でも この子達は 住処すらもなくなってしまうかもしれない。悲しいことです。
おはようございます。
写真、骨までくっきりですね。
人間が魚を食べるより、残らず綺麗に食べてるような。
命の輪で、続いてるんでしょうね。

なんだかね、こうやって自然の摂理を無視して建物作ると
絶対にしっぺ返しくらうと思うんです。
人間のおごりっていうか。
去年の地震で、自然の脅威を学んだはずなのに…
すぐ忘れるのは日本人の悪いクセ。
今現在、地球が人間中心に廻っていることが地球の命取りにならないことを
切に願います。
スナフキンさん、おはようございます。
行き倒れたエゾシカならば何ら問題はないと思いますが...
全国的に鹿が増えすぎて、樹皮の食害による森林破壊を防止するため、猟友会などに委託して鹿の間引きを多く行っています。
その際、本来禁止されているはずの鉛の弾頭が、価格的に安い事から使用されケースも多く、猛禽類を含む沢山の肉食獣が鉛中毒で死亡しています。
これは鉛の弾頭が柔らかいため、鹿の体内で細かく砕けて拡散する理由からです。
森を守るために人の手で鹿を間引く... そのために肉食獣が死滅して生態系が崩れるという矛盾が生じているわけです。
昔は日本狼の棲息により、生態系と自然のバランスが、うまく保たれていました...
スナフキンさんのブログ記事から、ふと、そんなことを思ってしまいました。


こんにちは♪

クマタカにとって、厳しい冬の中での、願ってもないご馳走です.
エゾシカには可哀相ですが、一つの命でいくつもの命が生きながらえていきます.

こんな環境が我が町のすぐ近くにあるのです.
みんな知ってることです.

当然、町の憲章にも「自然を愛し、高い文化を育てよう」とあります.

しかし、悲しいかな、愛してるのは自然ではないような気がします.
こんにちは♪

食べながらも、たえず周囲への警戒は怠りません.
周りにはおこぼれ狙うキツネやカケス、カラスもいるので、毛を逆立てて威嚇してるのかもしれませんね (^。^)

町で暮らしていれば、こんなことどうでもいいかもしれません.
多少自然が失われようが、町が潤い、雇用が創出されればそれでいい、と…

ただ、日頃大事な自然を後世に残そう、と言ってることと大きく矛盾してるのも確かです.
こんにちは♪

最後にはすべて土に還り、それもまた森を育てる命の糧となります.
うまくできていますね.

ここでは近くにダムができ、すでにかなり生態系が崩れたと思います.
これ以上ダメージを与えるのは防ぎたいところですが…難しいかも (; ;)

こんにちは♪

自分が地球なら、たぶんものすごく怒ってます (^。^)
何でも限りあるものなんですから、大事にしないと…
こんにちは♪

いまだに鉛弾使うハンターがいるから困ったものです.
また、ほんの一部のハンターにマナーの悪い人達もいるのも確か、
知り合いにハンターさんもいますが、いい迷惑だと思います.

オオカミがいい例ですが、はやり歯車一つ欠けるとすべて狂ってしまいます.
今の自然形態は何億、何十億年とかけてちょうどいいバランスに育ってきたんだと思います.
それをぽっと出の人間が崩すのはどうかなぁ…って思います.






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スナフキンのように All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog