カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Snufkin21

Author:Snufkin21
北海道 東川町に棲息

北海道の空気感が伝わるでしょうか…

ブログ内の写真の無断使用・転載はご遠慮願います.

たまにはクリックしてね~↓↓↓



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

2011.06.24    カテゴリ:  北海道の鳥たち 

   見守る

見守る

巣から出たばかりの雛の近くには、必ず親が一羽見守ってる.

もう一羽は獲物を探しに.

捕ってきた獲物を雛に与えるときは、同じ親が与える(たぶんメスかなぁ…)

オスが獲ってきたとしたら、直接雛に与えず、一度メスに渡して、メスが三羽の雛に順番に与えていく.

役割分担しないと、ずっと同じ雛にあげちゃうかもしれないもんね♪

残った親は雛が外敵から襲われないか、何か異常がないか、少し離れた場所からずっと見守ってるんだよ.


どんな生き物も、親は大変だね…

スポンサーサイト
ふと 思ったけど 片親が もしもの時は
 ヒナは どうなっちゃんでしょうね?
親鳥は貫禄ありますね。
カワセミは巣立って川デビューした幼鳥に餌を与えるのは、だいたい雄のようです。2番子、3番子もあるので雌は自分の体力回復に力を注ぐのかも知れません。
雄は餌を与えて順番を憶えていて4羽に均等に与えます。本当に不思議ですね。
こんばんは♪

何年か前に、子育て中のエゾフクロウの親が片方死んでしまった…って新聞に載ってましたね.

その後子供達はどうなったかわかりませんが、危険に晒される、育ちが悪くなる、ってのはあるんでしょうね…

こんばんは♪

カワセミが雄が餌与えるのなら、エゾフクロウも雄なのかなぁ.

でも場所が変わってもきちんと順番覚えてて、同じ雛に二回続けて与える、ってことはしませんでした.

ただし、その雛が餌を落としてしまっても一回は一回、次の順番まで我慢してました.

一度、目の前にネズミが落ちてきたのにはビックリ、”お前も喰えよ”ってことだったのかもしれません (^◇^;)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スナフキンのように All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog